Rio Tinto Japan リオ ティント ジャパン

ホーム    私たちの指針    HSE情報


HSE情報

私たちは、HSE(環境安全衛生)を最優先事項としています。弊社のHSEポリシーは、以下の通りです。(HSEとは、Health Safety and Environmentの略です。)我々が過去に実施いたしました、HSEに関する活動の詳細は、こちらをご覧下さい。

HSEポリシー

リオティントは、事業をめぐる環境を保護し、従業員・来訪者・委託業者を含む、グループのオフィス環境安全衛生マネジメントシステムの対象のあらゆる人々の健康・安全・福利を守ることに尽力しています。私たちは、効率的かつ安全な方法、また環境に対して責任ある方法で、お客様のお役に立ち、リオ ティントにおけるそれぞれの職責を果たすことをお約束いたします。

私たちの目標

リオティントは、専門知識や専門技術を駆使しつつ、グループのスケールメリットを活かすことで、常に業績向上を目指し、株主やそれ以外の利害関係者への価値を高めていくことを目標としています。一方、傷病・公害・資産価値や商品の品質低下、或いは生産上の問題をゼロにするという目標を掲げており、その達成に向け努力しています。

私たちの約束

• あらゆる側面から安全な方法で操業し、従業員・委託業者・来訪者にとって、安全かつ衛生的な職場を維持します。
• 環境への影響を最小限にすることで公害を防ぎ、効率的かつ効果的な方法で資源を活用します。
• 操業のあらゆる場面において、リーダーシップを積極的に発揮することで、活発なHSE文化を築き、維持していきます。
• 関連法規及びリオティントが誓約している事、要求されている事は全て徹底して遵守します。
• 全てのお客様に対するサービスは社内外を問わず、リオティントのHSE基準および就業規則に則って提供することを徹底します。
• 全ての従業員・委託業者・その他利害関係者が全員一丸となって積極的にHSEの継続的な向上を促していくことに焦点を当てたHSEマネジメントシステムを導入します。
• 事業全体にわたって環境安全衛生面のパフォーマンスの測定可能な目標を設定、周知し、測定したパフォーマンスを主要なステークホルダーに報告します。
• HSEマネジメントシステムを通じ、環境安全衛生面の目標設定のための、リスクと事業への影響に基づく枠組みを 設けます。
• HSEマネジメントシステムを通じ、リオティントの事業および活動に関連するHSEリスクを把握、特定し、管理するための枠組みを設け、適切な目標を設定し、測定します。
• リオティントのオフィス・ マネジメントシステムの対象である従業員の研修を行い、グループの事業におけるHSE関連の問題と機会を周知させます。
• 環境安全衛生に関する約束をきちんと守るため、適切なリソースを準備および開発します。

上記の約束を守ることにより、環境安全衛生面のパフォーマンスを向上させる能力を築き、また充実させていきます。

山地 昇
リオティントジャパン(株) 代表取締役社長 山地 昇