Rio Tinto Japan リオ ティント ジャパン

ホーム    メディア    メディアリリース


2016年04月07日
リオ ティント、日本のパートナー各社と鉄鉱石対日出荷50周年の記念式典を開催

スピーチ全文はこちらをクリック

[東京] 本日、リオ ティントと日本のビジネスパートナー各社は、オーストラリアから日本向けの最初の鉄鉱石出荷から50周年を祝う記念式典を開催いたしました。

1966年、リオティントのマウント・トム・プライス鉱山からの鉄鉱石を積んだ「邦雲丸」が契約ベース第一船として、オーストラリアのダンピア港から北九州の八幡製鉄所へと出帆しました。

リオ ティントは、日本の製鉄各社と締結した16年間で6550万トンという画期的な長期引取契約のお蔭で、鉱山開発に必要な資金の確保が可能となりました。その契約は、当時オーストラリア企業が締結したものとしては最大でした。そして日本企業には鉄鉱石の購入を約束していただいただけではなく、鉱山開発ならびに鉱石の出荷に必要なインフラ設備の建設も支援していただきました。

都内のホテルで開催された リオ ティント チーフ・エグゼクティブのサム・ウォルシュ及びリオ ティント鉄鉱石部門チーフ・エグゼクティブのアンドリュー・ハーディング共同主催のガラ・パーティーには、リオ ティントにとり重要なパートナーである日本の製鉄会社、資機材サプライヤー、商社、船社の各社を代表して約130名のゲストにご出席いただきました。また、日本政府、オーストラリア政府そして西オーストラリア州政府それぞれの代表にもご臨席いただきました。

席上、サム・ウォルシュは、次のように述べました。

「日本とリオ ティントの間で実現した最初の鉄鉱石の船積みという素晴らしい出来事を、今夜お祝いしたいと思います。しかし私達の「旅」は、実はその何年も前から始まっていたのです。全ての鍵は、日本の製鉄各社が、その時点ではまだ、鉱山の開発、鉄道の敷設、そして数百キロ離れた港の建設もなされていなかったにもかかわらず、鉄鉱石購入の長期契約締結を約束してくださったことにありました。」

「日本なしでは、私達が現在のようにワールド・クラスの鉄鉱石ビジネスを行うことはできなかったといっても過言ではありません。私達は日本からのご支援を決して忘れません。」

また、新日鐵住金株式会社代表取締役社長の進藤 孝生氏は、 「 [1966年以降]長年にわたるリオティント社から日本への累計出荷数量は、今や17億トンを超えております。プロジェクトを立ち上げ、運営してきた豪州側、そしてそれを支えた日本側が「Same Boat, Same Crew」を合言葉に双方が努力を重ねてきた結果、…日豪鉄鉱石取引は両国の相互補完関係の礎となっています。」と述べました。

当イベント会場では、最初の鉄鉱石引取契約書の写し及び5万年前から今日までの鉄鉱石にまつわる出来事の年表が展示されました。また、オーストラリアの伝統的所土地有者によるディジュリドゥの演奏や日本の音楽家による琵琶、琴及び尺八の演奏も披露されました。

オーストラリア政府が1960年に鉄鉱石輸出を解禁したことにより、西オーストラリア州ピルバラ地区の産業が急速に発展する道、そして20世紀後半における日本の驚異的な経済成長をオーストラリアが支援させていただく道が開かれました。40年以上にわたり、日本はオーストラリアにとり最大の輸出市場でありました。また今日、両国は親密で重要な相互補完関係に基づく、特別な戦略的パートナーとなっております。


リオティントについて
リオティントはロンドンとニューヨーク証券取引所に上場するRio Tinto plc及びオーストラリア証券取引所に上場しているRio Tinto Limitedから成り、英国に本社を置く、国際的な大手鉱業グループです。

リオティントは、探鉱、鉱業と鉱物資源の加工を主たる事業としております。主な製品はアルミニウム、銅、ダイヤモンド、燃料炭・原料炭、ウラン、金、工業用鉱物(ホウ砂、二酸化チタン、塩)と鉄鉱石です。事業活動は世界にまたがり、南アメリカ、アジア、ヨーロッパ、南部アフリカ、特にオーストラリアと北米が重要なビジネスの活動拠点となっています。

リオ ティントと日本について
日本はリオ ティント社にとって最も重要で、かつ長期にわたる取引パートナーの一つです。リオ ティントの鉄鉱石ビジネスは、1960年代に、日本からの投資並びに製鉄会社による長期の購入契約を背景に誕生しました。今日、リオ ティント社は日本に対する鉄鉱石の最大の供給者であり、今日まで50年にわたり、17億トン以上を出荷しています。

リオ ティントグループは日本に対する金属・鉱物資源の最大の供給者であり、100社を超える顧客企業に対し、鉄鉱石に加え、アルミニウム、銅、ダイヤモンド、燃料・製鋼用石炭、ウラン、産業用鉱物(二酸化チタン、塩)を供給しています。また、日本企業は、世界的合弁事業、グローバルなサプライ・チェーン、技術イノベーションの分野において、リオ ティント社の大切なパートナーです。

本件に関するお問い合わせ先:

リオ ティント ジャパン 株式会社
渉外・広報部
坂口 ジェニファー
T (03) 3222 2446
M (080) 2128 5793

Rio Tinto and Japanese partners celebrate 50 years of iron ore

Please click here for full speech text

[Tokyo, Japan] Rio Tinto and its Japanese business partners are today celebrating the 50th anniversary of the first shipment of iron ore from Australia to Japan.

In 1966, the Houn Maru, loaded with the first contracted shipment of iron ore from Rio Tinto’s Mount Tom Price mine, set sail from Dampier port for Yawata Iron and Steel in Kitakyushu.

The revolutionary offtake contracts with the Japanese steel mills, for 65.5 million tonnes of iron ore over 16 years, allowed Rio Tinto to secure financing to develop its first iron ore mine. They were the largest contracts ever written by an Australian company at the time. Not only did Japanese companies undertake to buy the iron ore, but they also helped build the mine and the necessary infrastructure to transport the ore.

Approximately 130 guests were in attendance at a gala event in Tokyo hosted by Rio Tinto chief executive Sam Walsh and Iron Ore chief executive Andrew Harding. Guests at the event included representatives of the Japanese steel mills and Japanese trading houses; shipping companies; and machinery and equipment manufacturers, all important partners for Rio Tinto. Representatives of the Japanese, Australian and West Australian governments were also in attendance.

Sam Walsh said “The first iron ore shipment between Japan and Rio Tinto is the wonderful milestone we are celebrating tonight, but the journey actually began some years before then. The key was Japan’s steel mills undertaking to sign long-term contracts – to buy iron ore from a mine that had yet to be developed, from a rail line that had yet to be laid, from a port hundreds of miles away that had yet to be built.”

“It is no exaggeration to say that without Japan, we would not have the world-class iron ore business that we do today. We will never forget Japan’s support.”

President of Nippon Steel & Sumitomo Metal Corporation Mr Kosei Shindo said “Over the years, Rio Tinto has shipped a total of more than 1.7 billion tons of iron ore to Japan. Both sides have worked under the mantra of ‘same boat, same crew’… the iron ore trade between Australia and Japan has become the foundation for the mutually complementary relationship between both countries ever since.”

The event featured an exhibit of the original Number One Contract and a timeline of Iron Ore, from 50,000 years ago to the present day. In addition, Aboriginal Traditional Owners were on hand to perform on the didgeridoo and boomerangs, while Japanese musicians entertained the gathering on traditional instruments biwa, koto and shakuhachi.

The lifting of an iron ore export ban by the Australian Government in 1960 opened the way for the development of the Pilbara region and for Australia to help fuel Japan’s dramatic economic growth in the latter half of the 20th Century. For over 40 years Japan was Australia’s largest export market and today the two countries are special strategic partners, continuing to enjoy a close, vital and complementary relationship.


About Rio Tinto
Rio Tinto is a leading international mining group headquartered in the UK, combining Rio Tinto plc, a London and New York Stock Exchange listed company, and Rio Tinto Limited, which is listed on the Australian Securities Exchange.

Rio Tinto's business is finding, mining, and processing mineral resources. Major products are aluminium, copper, diamonds, thermal and metallurgical coal, uranium, gold, industrial minerals (borax, titanium dioxide and salt) and iron ore. Activities span the world and are strongly represented in Australia and North America with significant businesses in South America, Asia, Europe, and southern Africa.

About Rio Tinto and Japan
Japan is one of Rio Tinto’s most important and longstanding trading partners. Rio Tinto’s iron ore business was born on the back of Japanese investment and long-term offtake contracts with the Japanese steel mills in the 1960s. Today Rio Tinto is the largest supplier of iron ore to Japan, shipping over 1.7 billion tonnes to date over the past 50 years.

Rio Tinto, as a group, is also the largest exporter of metals and minerals to Japan, supplying aluminium, copper, diamonds, thermal and metallurgical coal, uranium and industrial minerals (titanium dioxide and salt) as well as iron ore to more than 100 customers. Japanese companies are important partners in Rio Tinto’s operations around the world, its global supply chain as well as in innovation.


Contacts
Rio Tinto Japan Limited
External Affairs and Communications
Jennifer Sakaguchi
T +81 (0) 3 3222 2446
M +81 (0) 80 2128 5793