Rio Tinto Japan リオ ティント ジャパン

ホーム    事業情報   


銅は世界最古の金属といわれ、紀元前8000年頃に発見、紀元前6000年頃に鍛造技術が発見され実用が始められたと考えられています。日本では紀元前300年頃(弥生時代前期)から使用され始めました。耐食性に優れ、電気伝導性と熱伝導性が高く、展延性が高いことから加工性がよく、色彩美が豊か、多様な合金が作れることが特徴です。元素量はわずか0.01%という希少鉱物ですが、現在では鉄、アルミニウムに次ぐ使用量の多い基礎素材となっています。年間19百万トン以上が全世界で消費がされ、日本は世界第4位の大消費国です。

リオティントは、110年超の歴史を持つKennecott Utah Copper 銅鉱山・製錬所コンプレックス(米国)、世界最大の銅鉱山Escondida (チリ)、Grasberg銅鉱山(インドネシア)、2013年から生産を開始した同国最大の外国投資であるOyu Tolgoi銅鉱山(モンゴル)の権益を保有し、銅精鉱、銅地金、モリブデン、精製金、精製銀を安定的に供給しています。これら操業中鉱山に加え、La Granja (ペルー)、Resolution( 米国)の2つの大規模鉱床プロジェクトを推進中で、今後も着実に伸長が見込まれる世界の銅需要に応えていきます。


Concentrator-Kennecott-Copper-US :


 
Bingham Canyon-Copper-US :


 
Oyu Tolgoi copper :