Rio Tinto Japan リオ ティント ジャパン

ホーム    事業情報    工業用塩


ダンピアソルト / 天日塩

ダンピアソルトは西豪州に3つの塩田を所有し、年間約1,000万トンの天日塩を輸出しています。天日塩の生産は、海水や自然に発生する地下かん水を利用して行われ、塩は太陽光や風による蒸発・濃縮工程を経て結晶化されます。ダンピアソルトで生産された原塩は、地理的な優位性と安定供給の信頼性から、日本でも多く輸入されています。現在、日本では工業用の塩はほぼ全量輸入に頼っており、約80%がカ性ソーダなどソーダ工業の原料として使用され、最終的にアルミニウムや化学繊維、石鹸・洗剤の原料、上下水道や各種産業の排水処理、還元剤など幅広い分野で使用されています。


 
Dampier Salt-Port Hedland-Australia :


 
Dampier Salt-Australia :